2020年03月27日

レシーバーリセットと再ペアリング手順

画面接続が必要となりますが、何らかのトラブルで再ペアリングが必要となった場合は、次の方法で行います。

まずPCを画面に接続してください。
画面への接続方法はこちらを参照してください。
画面に接続したら自動的にアプリ画面が立ち上がっている状態になっているかと思います。
a0383701_09151274.jpg

次に、ペアリングを解除するレシーバを電源が入った状態で取り出し、前面のCLEARボタンを指で3秒ほど触れてください。
IMG_1924.jpeg
この動画のようにピンポーンと音がすることを確認してください。(しない場合はアンプの電源がついており、SOURCEがAUDIO INになっているかをご確認の上、R-LIVE担当者にご連絡ください)


レシーバ背面にあるシール右下にIDが貼ってあります。そのIDをメモしておいてください。
IMG_1926.jpeg

専用PCの画面に戻ります。
画面右下のワイファイ通信マークをクリックし、ワイファイ電波を確認してください。
「RL-HRAR-XXXXX(オープン)」という表示(XXXXは先程のレシーバID)が出ていることを確認してください。確認するだけで現在接続しているTPLINKから接続を切り替える必要はありません。
IMG_1932.jpeg

次の動画のように作業してください。

・アプリ右上の設定メニューから「Receiver Scan」をクリック
・アイコンにレシーバのIDが現れたら、そのアイコンをクリック
・ピンポーンとなればペアリング完了
・アイコンがブルーに変わるのを確認してください
posted by R-LIVE代理店サポート at 10:59| QA